注文住宅での外壁材選びのこだわり

注文住宅ではサイディングを使った外壁にすることは少なくありません。サイディングは施工がしやすく、耐火であること、お洒落なデザインやカラー、西洋の雰囲気を出すことができるために、とても便利な素材です。サイディングの種類もいろいろであり、厚さも違うし、金額にも違いがあります。サイディングはこうした用途から多くの家づくりで使われているのですが、コーキングが必要であり、数年や数十年でそのコーキングが弱くなってしまったり、サイディングの劣化が見られたリすることもあります。

サイディングよりもコンクリートの住宅の方が良いという人もいたり、軽量コンクリートを使った家づくりをする人たちもいます。外壁の素材はいろいろなので、本当に迷うところです。日本建築の家では土壁が使われりもしますが、外壁の素材選びで、家の耐久性が大きく変わってくることも確かです。木造住宅においての外壁材選びに関しては業者との話し合いにおいて、その素材のメリットデメリット、メンテナンスのことをしっかりと理解しておくべきです。