寝室の間取りにこだわってみよう

快適な睡眠は健康を維持するために欠かせません。寝ている間に体の修復が行われているからです。
快適な睡眠を得るためには寝室の間取りが重要になります。
暑すぎると寝苦しくて快適な睡眠が妨げられてしまいます。暑苦しさを防ぐためには、窓の設置場所に気をつけてみましょう。対になるように窓を設置すると、風が通り抜けるようになります。
窓を対にして設置しにくい場合は、吹き抜けを利用してみるとよいでしょう。寝室が2階の場合、リビングの吹き抜けに向かって窓を設置すると、風が通りやすくなります。また、リビングからの家族の声が聞こえるので、寝室にいても寂しくありません。けれども、扉を閉めておけばプライベート空間に変わります。
朝日で目覚めたい場合は、東側に窓を設置すると朝日が差し込むようになります。自然の光で自然に目覚められることでしょう。
人生の3分の1を睡眠に当てているといわれています。それだけ多くの時間を過ごす寝室なので、間取りにこだわってみましょう。